よしもとばなな「スウィート・ヒアアフター」。

読み始めて数ページで、はたと二度見した。ページをめくり返した。
読み始めて数ページで死んでしまう、主人公の恋人は、うちの旦那と同じ名前だった。

幽霊アパートのモチーフは、私がすごく好きな短中編集「デッドエンドの思い出」の中の「幽霊の家」という話にも出てくる。そして、恋人がいなくなった後に恋人じゃなくてそばにいてくれる男性というのも、同じ本の表題作「デッドエンドの思い出」に出てくる。死にかける体験をした話も、南の島が出てくる話もあった。つまりは吉本ばななさんが何度も登場させたくなるような、とても気になるモチーフを使ってこの作品はつくられているということだ。

しかしあとがきを読むと、この小説は東日本大震災を「あらゆる場所で経験した人、生きている人死んだ人、すべてに向けて書いたもの」だという。そして被災地の読者からは読んで「安心した、息がつけた」という感想のメールをいくつももらったそうだ。
見たことのあるモチーフの中に、これは見たことがない、というモチーフも出てくる。吉本ばななさんの小説ではいつもそうだ。でもこの本の最大の「見たことがない」はラストだった。主人公の小夜ちゃんは新しく見える世界で、新しい恋人と生きはじめる、もしくはそれを予感させるように終わるのかと思った。でも違った。自分のことを好きかもしれないと思った人は別のものを見ていた。「私の目が傲慢だったんだ」と小夜ちゃんが思う、その言葉を気に入ってしまう。そして洋一のことをこれからも思いながら生きていく、少なくとも、まだしばらくは。もちろん小夜ちゃんは自分でも言っているように、いつかは誰かと結婚して子どもを産んだりもするのだろう。だけどまだその気配は見えない。そしてそうなったとしても、洋一の作品の諸々の権利の一部は小夜ちゃんが持っているし、これからも作品の管理は小夜ちゃんがするのだろう。形が変わったとしても、小夜ちゃんが洋一から全く離れて新しい生活を送る、ということには、小夜ちゃんが強く望まない限りならないだろうし、小夜ちゃんはそういう道を選ばなさそうな気がする。新恋人がそれを理解してくれるか、不安にはなるだろうけれど、それでもどうにか。

「息がつけた」のって、だからなのかな、このラストだからなのかなと思う。忘れなくていいんだと。思い続けてもいいんだと。まぶいを取り戻しても、取り戻さなくても、どちらでもいい。新しい方へ進んでいく話ばかりがメディアに登場するように思えるけれど、それに限らない。

そして個人的にも、名前のせいで、小夜ちゃんがこれからも洋一のことを思ってくれるのはありがたい。
[PR]
# by hyuri07 | 2017-10-08 03:01 | 文学

森絵都「この女」。

面白かった。
けど。
エンターテイメントだなあ。
心は動かない。
震災や、釜ヶ崎や、カジノや、いろんな仕掛けも、今の私には話を面白くするエンターテイメントに見えてしまう。
不謹慎だろうか。
それくらい面白いというのが適切なのかもしれない。
[PR]
# by hyuri07 | 2017-05-12 00:02

森絵都「この女」。

面白かった。
けど。
エンターテイメントだなあ。
心は動かない。
震災や、釜ヶ崎や、カジノや、いろんな仕掛けも、今の私には話を面白くするエンターテイメントに見えてしまう。
不謹慎だろうか。
それくらい面白いというのが適切なのかもしれない。
[PR]
# by hyuri07 | 2017-05-12 00:02

水鏡に映る。

楽しかった!
東京にこんな風に喋れる人がいるのは本当に嬉しい。
というかこんな話ができる人は東京にしかいないかもしれない。自分の仕事について、今後について…みんないろんな仕事をしていて、それぞれキャリアがあって、そういう中で私の仕事についてもいろいろアドバイスをくれる。岐阜にいるお友達たちとは職種が違うから。
ここにいるからこそ出会えたんだな。バンドをやっていたからこそ出会えたんだな。
バンドをやっていてよかったな。
私にとってバンドは夢に向かうエンジン。
ちゃんと夢に向かっていこう。
ちゃんと自分の足で立っていけるように。
お世話になった人たちに素敵な恩返しができるように。
[PR]
# by hyuri07 | 2017-05-10 23:59

井の頭公園、飛び地。

いいものはいいって、いいつづけなきゃ。

ひであつさんは、いいつづけている。それがよくわかった。
ひであつさんが話しかけてくださった。ふんわり、温かく、どこかちょっと朴訥で、誠実な感じが安心させる。かわいいもの好きな人々を見ていた、と、なんとか言った。私が緊張しているのに気付いて、私の目を覗き込むんじゃなく、目の前の絵、同じ方向を見ながらしゃべってくださった。
温かかった。

閉場時間が来て、山下さんも来られた。少しお話しした。緊張した。素敵な方だった。
こんなに緊張する私も編集をやっていると知ったら、きっと驚かれるだろうな。

会場には、あのころのほぼ日の、ちょっとバターの香りのする手づくりケーキのような雰囲気が、ほんのり感じられた。
それを感じられることって、これから先、少なくなっていくのかもしれない。

いいものはいいって言い続けるひであつさんが、その雰囲気を連れてきているのは間違いない。

私も、いいものはいいって、いいつづけたい。いいつづけよう。
だれもわかってくれなくても。
いいつづけたら届くかもしれない。

[PR]
# by hyuri07 | 2017-03-13 19:30

小沢健二「流動体について」。

いい意味で、変わらない。
中学生のとき好きだったおざけんさんから続いている。
それはとても大変なことのはずだ。20年も経つのに、表舞台から遠ざかっていたのに。

でも、本当に素敵に、進化している。
他の誰もたどり着けないおざけんさんだけのうた、おざけんさんだけのことば。
私の大好きなほうへの進化。
中学生の私がおざけんさんを好きになったのは、こんな面を潜ませていたからだったのか。
[PR]
# by hyuri07 | 2017-02-24 20:53

images of beauty展。

世界の見え方が、私と違う。

中川さんにはこんな風に世界が見えているんだ。光がこんな風に見えるんだ。
共感するというより、心がかき回された。
私には、世界がどんな風に見えているのか。それを残したいし、少しずつ表現力を磨いて残したい。
女性が女性をテーマに表現している、というのが強く伝わる作品の中で、中川正子さんの作品はひとり男前だった。

私には、世界がどう見えているのか。
残さなきゃ残らない。
[PR]
# by hyuri07 | 2016-12-07 20:17

きゅう。

ほしいと思ったもの以外は手に入らないものだと思ってきた。
運良く手に入ったら喜ぶけれど。
でもやっぱり私の夢を叶えたい。
いつか自分のメディアをつくりたい。
自分の話を聞いてほしい人はそうそういないらしい。
やっぱりこちらからお願いしていかなければ。細々と募集はするけれど。
[PR]
# by hyuri07 | 2016-10-25 09:04

ぶるーばい。

わたし、ひとみしりだなあ。
仕事がなかったら、入っていけない。
[PR]
# by hyuri07 | 2016-10-25 00:00

ちかま。

何が違うって丁寧で質の良い暮らしという部分だ。
そんな暮らしをしたことがあるか、だいぶん考えたけど、なかった。
[PR]
# by hyuri07 | 2016-09-30 08:44