images of beauty展。

世界の見え方が、私と違う。

中川さんにはこんな風に世界が見えているんだ。光がこんな風に見えるんだ。
共感するというより、心がかき回された。
私には、世界がどんな風に見えているのか。それを残したいし、少しずつ表現力を磨いて残したい。
女性が女性をテーマに表現している、というのが強く伝わる作品の中で、中川正子さんの作品はひとり男前だった。

私には、世界がどう見えているのか。
残さなきゃ残らない。
[PR]
by hyuri07 | 2016-12-07 20:17


<< 小沢健二「流動体について」。 きゅう。 >>