2008年 09月 05日 ( 1 )

ミドリ『セカンド』。

大きな音で聞きたい、と思った。

最後の曲にやられた。いろいろなものを破壊しながらも、美しい。

破壊性、むちゃくちゃな中の調和、快楽のつぼにはまる感じというのは、最新のアルバムのほうが強くもっているかな?と思った。でもこのアルバムにもその片鱗が見える。
歌詞を見たら、思ったほどひどく攻撃的というわけではなかった。かわいらしさすらある。でも曲とボーカルのおかげで、あれだけ個性的になっている。
[PR]
by hyuri07 | 2008-09-05 01:59 | 音楽