カテゴリ:未分類( 291 )

井の頭公園、飛び地。

いいものはいいって、いいつづけなきゃ。

ひであつさんは、いいつづけている。それがよくわかった。
ひであつさんが話しかけてくださった。ふんわり、温かく、どこかちょっと朴訥で、誠実な感じが安心させる。かわいいもの好きな人々を見ていた、と、なんとか言った。私が緊張しているのに気付いて、私の目を覗き込むんじゃなく、目の前の絵、同じ方向を見ながらしゃべってくださった。
温かかった。

閉場時間が来て、山下さんも来られた。少しお話しした。緊張した。素敵な方だった。
こんなに緊張する私も編集をやっていると知ったら、きっと驚かれるだろうな。

会場には、あのころのほぼ日の、ちょっとバターの香りのする手づくりケーキのような雰囲気が、ほんのり感じられた。
それを感じられることって、これから先、少なくなっていくのかもしれない。

いいものはいいって言い続けるひであつさんが、その雰囲気を連れてきているのは間違いない。

私も、いいものはいいって、いいつづけたい。いいつづけよう。
だれもわかってくれなくても。
いいつづけたら届くかもしれない。

[PR]
by hyuri07 | 2017-03-13 19:30

小沢健二「流動体について」。

いい意味で、変わらない。
中学生のとき好きだったおざけんさんから続いている。
それはとても大変なことのはずだ。20年も経つのに、表舞台から遠ざかっていたのに。

でも、本当に素敵に、進化している。
他の誰もたどり着けないおざけんさんだけのうた、おざけんさんだけのことば。
私の大好きなほうへの進化。
中学生の私がおざけんさんを好きになったのは、こんな面を潜ませていたからだったのか。
[PR]
by hyuri07 | 2017-02-24 20:53

images of beauty展。

世界の見え方が、私と違う。

中川さんにはこんな風に世界が見えているんだ。光がこんな風に見えるんだ。
共感するというより、心がかき回された。
私には、世界がどんな風に見えているのか。それを残したいし、少しずつ表現力を磨いて残したい。
女性が女性をテーマに表現している、というのが強く伝わる作品の中で、中川正子さんの作品はひとり男前だった。

私には、世界がどう見えているのか。
残さなきゃ残らない。
[PR]
by hyuri07 | 2016-12-07 20:17

きゅう。

ほしいと思ったもの以外は手に入らないものだと思ってきた。
運良く手に入ったら喜ぶけれど。
でもやっぱり私の夢を叶えたい。
いつか自分のメディアをつくりたい。
自分の話を聞いてほしい人はそうそういないらしい。
やっぱりこちらからお願いしていかなければ。細々と募集はするけれど。
[PR]
by hyuri07 | 2016-10-25 09:04

ぶるーばい。

わたし、ひとみしりだなあ。
仕事がなかったら、入っていけない。
[PR]
by hyuri07 | 2016-10-25 00:00

ちかま。

何が違うって丁寧で質の良い暮らしという部分だ。
そんな暮らしをしたことがあるか、だいぶん考えたけど、なかった。
[PR]
by hyuri07 | 2016-09-30 08:44

babymetal@tokyo dome。

babymetalの3人を見ると泣きそうになってしまう。
17歳とか18歳とかで世界を駆け回っている。
体調を崩すわけにいかない。ものすごい自己管理が必要だろう。弱いところは見せない。自分の思い通りにいかないこともたくさんあるだろう。それでも自分の役割を、少しでも自分のものにしてステージに立っている。
東京ドームの豪華なセットの中にいても、彼女たちはいい意味であまり変わっていないように見えた。いつもと同じように、全力で。
[PR]
by hyuri07 | 2016-09-20 09:06

怪しい妖しさ。

私、ろくでもない人間だなあ。
必死でそれを隠そうとしながら生きているけれど、一緒にいる時間が長くなると、ぼろっと、流れ出てしまう。

取材でもそういうところが見透かされているのかもしれない。

自然体というものがない。
常に装って、演じているから。

見透かされても構わないくらい、透明性の高い自分に憧れる。
本当はそういう記者になりたい。

自分に自信がないからつくりこむのかもしれない。
[PR]
by hyuri07 | 2016-09-15 00:59

るぷ。

ポケモンgoをやっている人=歩きスマホをする人、ただ流行に乗っかる人、みたいな決めつけの風を感じて辛くなる。
スマホがあるのにやってみもしないでぐだぐだ言う人の方が私は信用できない。

気をつけて見ていたら、ポケモンgoをやっていなくても歩きスマホをしている人がたくさんいることに気付いた。地図を見ている人、メールを打っている人。そして本を読みながら歩く人というのは昔から変わらず存在する。昨日はバスケの練習の仕方の本を読みながら歩く中学生女子を見た。

でも私は今朝旦那と歩きスマホしないと誓い合ったから、しない。
でも昨日自分でやってみて、気づいたら歩きスマホをしている自分とか、急に立ち止まっている自分とかを体感した。
それだけの威力。
できるなら、現場主義。
[PR]
by hyuri07 | 2016-07-26 08:59

悲しみのカヌー。

いまこんなにしんどくてしんどいのは、寝てないからなのだろうな。

自分のことだけじゃ生きていけない。
[PR]
by hyuri07 | 2016-05-27 00:29