<   2005年 10月 ( 33 )   > この月の画像一覧

「LOVERS」をテレビで見る。(ねたばれ大ありなのでご注意ください。)

お、おもしろかったよぅ。
後半どんどん、おもしろかった。
もちろん、たくさんカットされているのだろうけれど。
それでもおもしろかった。

恋愛の感じが好き。
こんなに恋愛がしっかり描かれている映画も他にあまり思いつかない。
どろどろでもない、甘甘でもない。生死をかけた、ぎりぎりの強い思い。
障害はいくつもあるのに、それにもかかわらずひかれてしまうほどの、強い思い。
そういう恋はちゃんとある。人が見惚れるような点を持つ恋としてそこにある。そしてそれは愛に変わる、つまり、そういう恋は愛に変わりうるようなものとしてそこにある。
私はそういう恋に見惚れてしまった。
相手が敵でも、愛すれば自分が故郷に殺されるような人物でも、それでも好きだという気持ちは変わらなくて、抱きしめあいたいと思えるような。
現実には、愛して殺されるようなことはまずないから、自分の思いがそんな風に試されるということはない。自分が実際にその状況でどうするかは、確かめられない。あいまいなままだ。現実だったらきっともっとこまごまとした問題がでてきて、それこそごちゃごちゃ、どろどろしてしまうのだろう。だから映画の中とはいえ、生死を賭した、極限のかつシンプルな状況で、試練を破ってそれでも貫けるような思いに、憧れる。


前半はアクションシーンが多くて、イーモウ監督独特のワイヤーアクションなんかが好きじゃない人にはちょっとつらいのかな、と思いながら見ていた。が後半になって、話が二転三転して、これは、と。
ああいう色使いも好き。背景とか衣装とか。ワダエミさんというひとはすごいのやなぁとやっと知った。わかりやすいけれどやっている人はそうそういないと思う。きっとわかりやすいからこそ、下手にやったら下品になってしまうのだろう。この映画での使い方も、きっと人によって好みはあるだろう。でもこういう分かりやすさは私は好きだ。それに、ワイヤーアクションについてもそうだけれど、そこを嫌ってしまうと、この映画のよさに辿り着けない気がする。紅葉とか竹やぶの緑とか、きれいだった。雪もいいと思った。そのわかりやすさを足してくれていいと思った。
金城武さんかっこよかった!日本のドラマで見たことがあるせいでアンディ・ラウさんよりひいき目で見てしまったのは確かですが。でもとにかくかっこいい。遊び人っぷりもかっこいい。
「HERO」のときに、映画論の教授が、黒澤明の影響を指摘していた。もしかしたらこの映画にもあったのかもしれない。でも黒澤明の映画は見ていないのでわからないです。映画は専門にして研究しているわけではないので、重要作品を見ていなくても勘弁してもらえますか、と思ったり。

おもしろかった。
[PR]
by hyuri07 | 2005-10-30 23:54 | 映画

Message from SkyMail

眠くても知らないふり。
[PR]
by hyuri07 | 2005-10-30 11:33

別に。

今回の臨床哲学の講義・演習のテーマは「イメージリテラシー」らしい。

前回は風景デザイナーの方、今回は現代音楽・映像の方の話を聞いた。この二人の方と倫理学の教授と三人で授業が進められるらしい。
その中で、都市の描かれ方が変わってきている、都市に異物を描くような表現がよくある、という話があった。
私は、それって都市に限られるのだろうか、と思った。田舎の風景に異物が入り込むようなアートは成立しないのだろうかと思った。意味は違うかもしれないけれど成立するような気がするのだけれど、どうだろう。
なぜ今の表現は都市に限られているのだろう。確かに、アートでプロを目指すような人は都市にいなければならないのかもしれない。
自分で取った田舎の風景の写真に落書きをしてみた。田舎の写真は、ほとんど人が映っていないものも多い。そして、自然も多い。自然の中によりは、人工のものが多いところのほうが、異物をかきいれやすいのかもしれない。都市の写真に映るものは、人間以外ほとんど人工のものかもしれないと思った。だから、異物を描き込んでも異様にならずに、アートになるのかもしれない。
[PR]
by hyuri07 | 2005-10-29 14:53 | 臨床哲学

本当はプラネタリウムに差別なんてないはずなのに。

自分のために何かするということが、わからなくなっていた。
これでは、本当に大切な人を大切にできないことがあるかもしれない。
そう思って趣味を作ることにした。
編み物。
ただ自分のためだけにボレロを編んでいる。
あぁ、こういうの、好きだったんだ。
黙々と同じことを繰り返すことに没頭する。
親が裁縫はプロだから、好きになったのにその影響があるのは間違いない。
でもプロの前で、こんなに下手な私が手芸が好きだとは、言えなかった。
冬になると編み物にはまる人は周りにもたくさんいる。編み物は没頭しやすいものなのかもしれないけれど。
楽器を吹くのも好きだけれど、あてもなく吹くのはときどき辛い。
編み物なら、形になって残ってくれる。着るものも安く増える。
だから今は、ただ、編んでみる。
[PR]
by hyuri07 | 2005-10-28 03:08 | 日常生活。

塩せんべい。

ずっと一人でいるのと、二人でいた思い出を持ちながら一人でいるのと、どちらが辛いのだろう。
[PR]
by hyuri07 | 2005-10-27 00:53 | そのほか。

抜き差しならない。

いろいろあるよね、秋だから。
[PR]
by hyuri07 | 2005-10-26 13:00 | そのほか。

秋の歌でどうもせつない。

「生協の白石さん」が本になったという。
夏くらいに知って、いい人だーと思っていたのだが、「ひとことカード」を記したブログがあり、そんなに盛り上がっていたとは、知らなかった。
生協の職員という役に徹していて、しかも機転が利いて視野が広くてユーモアがあって。
機転が利いて視野が広くてユーモアがある人は他にもいるかもしれない。
でもここまで役に徹することができる人はなかなかいないのではないか、と思ったりする。
自分の考えを書きたくなることもあるだろう。これだけ書ける人なら。それをしないのが、白石さんのすごいところ、希少なところだと思う。
私は・・・ここまで役に徹することのできる自信がない。おもしろいことを見つけたら、しゃしゃりでてしまいそうな気がする。
それが、今受けようとしている業種とは違うのではないかと思ってしまうのだ。
ほっておけばいいのだけれど。人に譲っておけばいいのだけれど。
[PR]
by hyuri07 | 2005-10-25 01:10 | そのほか。

よくわからないとき。

NU茶屋町に行く。
すごい人。
「ALESSI SHOP」を見つけてとびつく。デザイナーってすごい、としみじみ思う。この建物全体のデザインもそうだ。木目調の外観を見て愛知万博の長久手日本館を思い出す。木、いいなぁ。でも近くで見ると木ではなかったのでちょっと落ち込む。
「unico」さんは、高級感溢れる店内でありながら、置いてあるものにかわいさがあってひきつけられた。赤頭巾ちゃんの布でできたおそろいのカーテン、クッション、パジャマ。赤頭巾ちゃんの目の描き方が不思議だった。とか球になっている地球柄磁石とか。
マンゴー好きの友達は「糖朝」のマンゴープリン630円に惹かれていました。もう少し空いたころに食べにくるとのこと。私のほうは、この大きさでこの値段、とびびってしまいました。
そして、見に行く前からチェックしていて、行ってみて予想以上に気に入ったのが「MARCHAND DE LEGUMES」さん。お店の見た目は白地にカラフルなロディーちゃんの色があって、きれいでおしゃれな感じ。しかしおいてあるものには技ありのものが多い!!大きすぎるボールペン、注射器型シャープペン(真空パック入り)、かえるじょうろ、水につけると大きくなる自由の女神、などなど。ついついはしゃいでしまいました。しかも自分の店で作っているものも多くあった。それってすごい・・・。このお店、かなり気に入ってしまいました。
「graniph」さんのTシャツもセンスいい柄のものがたくさんありました。気に入ったのはトリケラトプス柄。セールがあれば狙います。2600円はちょっと出せない。。。
ほかにもかわいい洋服の店はたくさんあったのですが、びびってしまってレポートできるほどちゃんと見られませんでした。

雑貨屋さんの話は後日ホームページのほうにもアップします。
[PR]
by hyuri07 | 2005-10-24 04:23 | そのほか。

決まり文句。

また今度。
[PR]
by hyuri07 | 2005-10-23 12:38

鷹。

「花より男子」を見る。
これは、おもしろかった。
井上真央ちゃんの演技がしっかりしていて安心して見られる、というのがおもしろさの理由の一つかもしれない。「キッズ・ウォー」以来見ていなかったけれど、よかった。うまくなっているのかな。そしてさらに、かわいかった。本人も原作が好きみたいで、原作をリスペクトしつつ、原作にとらわれていない感じも伝わった気がした。
道明寺もよいのでは。類もよいのでは。松嶋菜々子というクレジットに驚いた。お友達の優紀ちゃんの子はこの間「白線流し」にも出てましたね。売り出し中ですか??
漫画も読んでいたし、内田有紀さん主演の映画も見た。映画ですら十年前なのだから、原作が連載されていたのはもっと前なのか。それでも、今ストーリーを見ても古さは感じない。それだけ普遍的な物語を作った神尾葉子さんはすごい、とも言える。

「さんまのまんま」と「恋するハニカミ!」で速水もこみちさんを見る。
「ハニカミ」は都内ロケにもかかわらず二週連続。
なんですか、このイケメンっぷり、とうとうキムタク後継者現るという感じでしょうか。しかもまだ21歳。ただ昨日も書いたけれど演技はまだまだこれからだと思うので、今後を楽しみにしています。数年後、ananの「好きな男」で木村さんから一位を奪うのは彼かもしれない、とこの数日で思いました。料理もうまい・・・。前に出ていたドラマ「雨と夢のあとに」なんかはお宝VTRになったりするのかしら。って先走りすぎでしょうか・・・。

「花より男子」の原作は36巻も出ていたのですね。知らなかった。
そしてCDブックでは木村拓哉さんが類の声を演じていらっしゃったのですね。知らなかった。
[PR]
by hyuri07 | 2005-10-22 01:05 | テレビ