<   2006年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

Message from SkyMail

体力がないが、鍛えるところに至らない。
[PR]
by hyuri07 | 2006-03-31 13:45

上。

明るい話を数えて集めてみる。
[PR]
by hyuri07 | 2006-03-29 23:57 | そのほか。

不破。

岐阜城北高校が勝った。
昨日雨が降り、試合は今日の第一試合に順延した。
応援団は一度岐阜に帰ったという。着いたのは夜八時。翌日の出発は朝三時。
「吹奏楽部員は昨日より十人足りない。交通手段がなくて自宅待機になった」という話が、リアルに聞こえた。そりゃあ、そんな時間なら、家の人に車で学校まで送ってもらうほかない。なんだか、せつない。
でも勝ってよかった。次の試合でぜひ、存分に、応援を。

城北の尾藤くんはピッチングもいい上に、自分のバットで点を取る。
5点差がついたときはどうなるかと思いましたが、やはり尾藤くんが打った。そして皆が続いた。
すごいぞ。
岐阜の高校が甲子園で活躍しているのを見るのは、本当に、いつ以来だろう。
(センバツでベスト8に入ったのは29年ぶりらしい。)
[PR]
by hyuri07 | 2006-03-29 11:36 | スポーツ観戦。

難しさ。

前回、知り合いだったバンドさんが出ていた番組で、最近ずっと注目していたNIRGILISを見た。
知り合いバンドさんが近く、手作りっぽく見えたと書いたが、全く生で見たことのないNIRGILISさんも近く見えたので、これがこの番組の作り方だとわかる。
ライブ部分でも、バンドの生音を使っていることがよくわかる。NIRGILISさんは低音が薄く聞こえた。しかしギターの感じは好きだと思った。ボーカルさんの力量もよくわかった。
曲は「sakura」だった。Amazing Graceの使われ方はよくわからなかったけれど、わからなくてもしっかりと成立する曲になっていると思う。
[PR]
by hyuri07 | 2006-03-28 01:13 | 音楽

Message from SkyMail

体がぼろぼろでも、気は確かに持っていたい。
[PR]
by hyuri07 | 2006-03-26 21:51

長年。

「ぴょんぴょん」というコミック雑誌を読んでいた。
主なターゲットは小学校低学年の女の子だったと思う。恋愛どうのという漫画は少なかったから、彼女らの親たちも抵抗なく読み、ファンが多かったようだ。
付録は普段はつかない分安かった。付録はいつも結局邪魔になることが、学年誌を買う中で子どもながらにわかっていたので、「ぴょんぴょん」はその点でも魅力的だった。
毎号の特集ページも楽しみだった。心理テスト、収納、おまじないなど、コミック誌というよりは女性誌の少女版といった感じのページだった。漫画だけではないのが魅力的だった。
いまだに「ぴょんぴょん」にかなうコミック誌はないのではないかと思うことがある。私にとって、毎号買っていたコミック誌は今まで「ぴょんぴょん」だけだ。
小五の秋、ぴょんぴょん廃刊とともに、私の漫画第一期は終わったと思う。
[PR]
by hyuri07 | 2006-03-25 14:37 | 文学

近く。

「少しは、恩返しができたかな」を見る。
なんとなく、今時の若者らしい闘病の仕方なのかな、と思った。
どうしても受験をするとか。兄に知らせないとか。自分の希望を通して、自分の生きたいように生きた。
高校もいいところみたいだし、東大に受かったし、頭のいい子だったのだとも思う。自分の命が短いことをきちんとわかっている感じがした。だから、自分なりの美学のようなものを貫きながら、生きることができたのではないかと思う。
闘病をしながらも、できるだけ生きたいように生きられるように、医師や家族、世間の考え方がようやく変わってきたような感じがする。

二宮くんは「Stand up!!」で見せた情けない男の子に続き、病気のために線の細くなった男の子がぴたりと合っていた。名前も似ていて、写真のご本人にも似ていた。
池脇千鶴ちゃんは相変わらずかわいかった。大人の役もやるようになったのだなあ。
お兄さん役の高橋一生さんもよかったなぁ。
惜しむらくは演出というか脚本かなぁ。「上を向いて歩こう」はよく使われる曲だけれど、使い方をもっと工夫できるのではないかと思った。
[PR]
by hyuri07 | 2006-03-24 11:14 | テレビ

一缶で。(日本ゴールドディスク大賞)

DEPAPEPEさんがしっかり見られて一つ満足。
Miのボーカルの子がめちゃめちゃかわいかった。もっと露出したらもっとファンがつくのではと思った。あいのりの曲の後、新曲を出したかどうかもよく知らない・・・。
寺井尚子さんと松永貴志さんの共演もよかったなぁ。寺井さんの演奏は初めてちゃんと聞いたかもしれない。バイオリンのジャズもいいなと思ったけれどソロのフレーズとかはわりと普通だと生意気にも思ってしまったり・・・。それから、黒のノースリーブのワンピースにヒールの靴という正装でのりのりなのが面白かった。私ならもっとカジュアルな服、動きやすい服を着てしたいなと思ってしまうけれど、そうじゃないことで独特の効果を生み出しているのだろうと思った。
[PR]
by hyuri07 | 2006-03-23 01:17 | 音楽

削り節。

自殺を止めるものが大切だと書いたが、どんなものが自殺を止められるかというのはかなり難しい問題だと思う。
私が好きだと書いた公共広告機構の栗山千明さんのCMも、「あなたが、大切だ」と言ってくれる、自分の周りの生身の誰かを思い出すことができなければ、役に立たない。

もう少し考えてみる。

死のうと思ってから行動に移すまで、人は一人なのか。
[PR]
by hyuri07 | 2006-03-22 15:42 | そのほか。

君のおと。

スキマスイッチ「ボクノート」のAメロが好きだ。
曲全体も好きだが、Aメロは異常なほど好きだ。
なぜだろう。

メロディーメイカーはすごいなと思う。メロディーの力はやはり強い。メロディーのいいものが好きだ。
ゆず「リボン」を聞いて、その思いを強くした。
[PR]
by hyuri07 | 2006-03-21 02:19 | 音楽