<   2009年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

「この空を見ていますか~ゆず アフリカの子どもたちへ~」。

私があの場にいて、何ができただろう。何を話せただろう。

ゆうじんは初めて会う人と、言葉の通じない人と、厳しい現実に直面する人と、会ってそばにいるだけじゃなくて、話していた。
自分に何ができるか、必死に考えていた。彼は難民キャンプの人たちの太鼓の演奏に誘われると、すぐにそこに混じってリズムを取ってたたいていた。「ありがとう」ということばで歌を作って歌っていた。キャンプの人たちもすぐに一緒に歌えるようになるくらい、わかりやすくて、心震わす歌だった。ほんの少しの言葉とわかりやすいメロディーで作るというのは、並みの人、ミュージシャンにはできないことだ。ゆうじんは普段からそういう曲を作ろうと努力しているからできたのだ。

私があの場にいたら、何ができるだろう。
人々と会って、横にいても、話す言葉を見つけることができないかもしれない。
普段仕事でなんだかんだしていても、あの場でそれが役に立つだろうか。

そう考えると、私にも音楽があるということは救いだ。
ゆうじんのようにはいかないだろうけれど、私なりに心を込めてサックスを吹いてみようと思うかもしれない。それくらいしか思いつかないのだ。
今までも私の人生において、音楽に何度も助けられているような気がする。

最後には人と人との交流にたどりついたゆうじん。
ゆうじんはどんなに厳しい現実を前にしても、目を伏せず心を閉ざさず、感受性を全開にして受け止めていた。

現地の宿泊先で、曲ができたというゆうじん。
画面に映し出された歌詞ノートのいちばん上に「はるか」という文字を見つけた瞬間、衝撃とふわっと広がる感じを同時に覚えるような、不思議で温かい感覚に包まれた。
横で一緒に見ていた妹に「ずるい」と言われた。

アフリカでの貴重な経験からできた歌に、「はるか」という言葉を選んで使ってくれて、ありがとう。
嬉しかったです。

小学校でのライブの映像を見ながら、岩沢さんの存在の大きさも感じた。
見る前は、「ゆず」と銘打った番組なのになぜ北川さんだけが行ったのかな?と思っていた。
その答えがなんとなくわかったような気がした。岩沢さんは北川さんとはまた違った視線を持っている。その二人が一緒に曲を作り上げていくからこそ、ゆずは豊かで他のどこにもない音楽を奏でることができるのだ。北川さんと同じものを見ているだけじゃだめなのだ。
岩沢さんがいるからこそ、北川さんは安心して、感受性を全開にすることができるのだろう。そして北川さんが持ち帰った経験を、岩沢さんが受け止めて理解して、そうやって曲ができていく。
アフリカに行ったのは北川さんひとりでも、「はるか」を北川さん一人で作り歌うということは選択されないのだ。
[PR]
by hyuri07 | 2009-05-31 00:54 | 音楽

友達論49。

あの子の言うことを受け入れたい。
でもそうしたら、この子の言うことを否定してしまう。
[PR]
by hyuri07 | 2009-05-30 03:33 | 友達論

Paris Match『Flight 7』試聴。

先輩に大おすすめされて聞いてみたら、これはいいなあ。
ボーカルさんの声がいい、おしゃれっぽい、でもそれだけじゃない。
ジャズの要素をその声に、そしてポップスの色が濃いメロディーの上に多めに載せて、独自の音を作っている。

「虹のパズル」
ホーンの音がきれい。
入り方やフレーズが、ちょっとひねってあってかっこいい。バッキングなのに、ビッグバンドの曲並みに細かい動きをしている。アーティキュレーションの入れ方も細かい。トランペットのトリルの入れ方やダウンの仕方、クレッシェンドなんかがきちんと入っている。ジャズの響きがするフレーズだ。
なにより音がきれいだ。ちょっとまるい感じで、でもクリアに響く。ボーカルさんの声にあわせているのだろうか。歌のうまい人はいろいろいるが、このボーカルさんの声はまるみがあって他とは違う。

「You make my day」
この間奏のキーボードもジャズっぽい動き方をしている。曲自体はポップなのだけれど。この合わせ方もパリスマッチさんの魅力なのだろう。
[PR]
by hyuri07 | 2009-05-28 23:24 | 音楽

ACIDMAN『Life』。

かっこいい、そして、意外と王道。

1曲目、電子音の混じり方がかっこいい。
音は軽めで、ギターが強い。
5曲目、メロディーやギターフレーズに王道を感じる曲も、たとえば止め方に工夫が凝らされて、かっこよく仕上がっている。ドラムは打ち込みなのかと思うほど細かく正確で、切るべきところでぴちりと消える。ほかにも、1曲の中で音のボリュームをかなり変えたりしている。
11曲目は王道のかっこいい、ロック界の大物感を湛えたロックバラードだった。
[PR]
by hyuri07 | 2009-05-28 01:13 | 音楽

「金氏徹平 溶け出す都市、空白の森」@横浜美術館2。

あるものが通常置かれている文脈から切り離されて、新しい文脈に置かれて新しい意味を持つ。そういう、人々の思っていることをひっくり返すような表現は作品に溢れていて、私も、他のたくさんの人も受け取ることができたのだろう。彼は、ひっくり返すための全く独自の方法を見つけ出している。連続した作品を作ってその方法を自分のものにしている。それによって、ほかのたくさんの人と一線を画している。
[PR]
by hyuri07 | 2009-05-27 07:18 | 文学

「金氏徹平 溶け出す都市、空白の森」@横浜美術館。

つながりたかった。でも、最後の一歩で、つながれなかった。

モノの上に空白がある、というのはなんとなくわかる。それを繋げる、というのもなんとなくわかる。でも、それが容器の中に石膏で表現されると、何もないはずの「空白」が、実体のあるもの、色や容積があって触れるもののように見えてしまったのだ。それが、どうしてもよくわからなかった。
空白は文字通り白いのか。それともその色は、石膏を使うから白になっただけで、他の色でもいいのか。透明とはどう違うのか。

彼の言う空白とは何か。モノの上にある空白、私の上にもある空白。
それはたとえば、「意識していない部分」かもしれない。自分の周りにあったり自分で持っていたりしても、それに気づいていなければその部分は何もないのと同じ、空白なのではないかと思う。モノも、Aという使い方しか考えられてなければ、BやCという使い方の部分は空白だ。
それらが繋がれば、確かに相当大きなものになるだろう。
(続く)
[PR]
by hyuri07 | 2009-05-25 23:29 | 文学

大橋トリオ『A BIRD』。

前のアルバムと違うところは、たくさんある。
でも一聴きしただけではそれがわからないくらい、揺らがないものが太くある。
[PR]
by hyuri07 | 2009-05-25 01:17 | 音楽

知り合いってどれくらい重要なのかな。
[PR]
by hyuri07 | 2009-05-23 13:14

まし。

切ないくらい、眠い。
[PR]
by hyuri07 | 2009-05-22 00:17 | そのほか。

こずっと。

いろいろなことに怒ることで、創造や仕事の力を出す人もいる。
いろいろなものを見て、自分の世界を広げて、力を出す人もいる。
たいていの人は、両方の力の出し方を持っていて、その混ざり方の割合がいろいろあるのだと思う。

私は後者の割合が大きいのだろうし、ぎりぎりまでは後者を大切にしたいと思っているし、後者を大切にしているだろう人に大きく共振することが多い。
でも前者の力を結実させる人もすごいのだろうと思う。

忌野清志郎さんには前者の割合も大きかったのだろう。
それはロックという音楽の持つ特性とも重なって見える。

曽我部恵一さんはたぶん後者を大切にしていらっしゃるのだろう。
それでも、曽我部さんの曲はロックだ。

受け入れながらも、叫べるし、ロックできる。
そのことを曽我部さんは今日も歌で伝えているのではないかと思う。
[PR]
by hyuri07 | 2009-05-20 23:23 | そのほか。