<   2012年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

東京。

支えてくれる人もいる。
それでも、一人だ。

支えてくれる人が多い分
いろいろな意見が出てくる。
それぞれに思いがあるから、
不満の残らないように、それらをちゃんと引き出してテーブルに並べなければならないし、
それを採用しないなら、それだけの理由が必要だ。
手伝ってもらえるだけでありがたいから。

そのディレクションをするために必要なのは、もちろんセンスもあるだろうけれど
やはり、冊子を通してのコンセプトなのだと思う。
それがしっかりしていれば、それに合致しているか?どうすれば近づくか?を考えて
話をすればいい。
でもそれすらなかなか合意に至らなかったというか、
それがどれくらい必要なのか理解されないまま
「いいんじゃない?」みたいな感じで流されてしまった感じもある。
私の説明のしかたが悪かったのだろうけれど。

おしゃれな感じにしたいというなら、そこからさかのぼってでもいいから、
なんのためにおしゃれな感じにするのか?どういうところを狙っていくのか?
岐阜をどういうふうに見せたいのか?
ということを定めておかないといけないのだと思う。
というか、センスがない私が、というかセンスがあっても
ディレクションをするときに困ってしまう。
一応は定めてみたけれど、特に誰からも賛同を得られたわけではなかったり。

顔をあわせるための日程調整もたいへんになるし、
モチベーションの高いときを狙って話をしたり、
低いときは遠ざかったり、上げられるような仕掛けをしたり。
みんなが楽しくできるように。不満が残らないように。でも間に合うように進めないと。

でもそんなことばっかり考えていてそれが顔に出ると、
チームの雰囲気も悪くなってしまうし。
やっぱりにこにこして楽しそうにしていないと。

それでも、ただただ、不安だし、間に合っていないし。

国体選手の練習を取材していて、
私のようなこんな荒れた精神状態では、勝てないのだな、
ここぞというときに実力が出せないのだな、ということが、よくわかる。
そういうところも含めて訓練をしているのだ、彼女らは。
[PR]
by hyuri07 | 2012-08-04 14:15 | そのほか。