<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

いゆ。

毎日、思うことは変わるけれど
変わらない気持ちもある。

現状がどうであれ、
そこに浸り切ったり、満足したりしてはいけない。
それは未練とか、ずるずるひきずるとかとは違うものだ。

ヒデよりカズが好きなんだ。
好きなら、続けようと思う。t
[PR]
by hyuri07 | 2013-04-20 00:50

めいめい田。

いい仲間とつまらない仕事。
つまらない人と好きな仕事。

私なら好きな仕事のほうをとりたい、と思うのです。
[PR]
by hyuri07 | 2013-04-18 00:53 | そのほか。

めじぐけ。

死者を弔うのに「型」があってよかった、と思った。

たとえば、ろうそくの立て方。たとえばお線香、お供え物の種類や置き方、お経やその唱え方。仏教に限らず、多くの宗教で似たことが言えるのだろう。
逝ってしまった人への思いがたくさんあっても、どう表していいかわからない。そんなとき、「型」はわたしたちの助けになる。その「型」に沿ってとり行うことで、その人への思いを表すことができる。
もちろん、「型」どおりにやらなくても、たくさんの思いが心に横たわっていることだって、ある。「型」をやらないから、その人を大切に思っていない、という訳ではない。だけど、気持ちがとっちらかったとき、ぐしゃぐしゃになってどうしようもないとき、「型」に沿うことで落ち着いたり、その人と向かい合えたりして、救われた気分になることは多くあるのだろうと思う。
[PR]
by hyuri07 | 2013-04-17 01:22 | そのほか。

その音と手拭いとラベルプリンター。

いくら愚痴を言ってもいいよ。
心に溜めないほうがいい。

あんまり、うまく言葉はかけられないけれど、
うんうんって、聞いてあげられるよ。

言いながら、その愚痴を自分で聞いてみたらどうかな。

多分、あ、これはネガティブだな、
こう思うといいのかなって、
捉え直しのやり方が、わかってくる。

こころを閉じないほうがいい。
定規を当てないほうがいい。
レールを敷かないほうがいい。

こころを自由にして、
自由なままに思えたら、そして思ったとおりに動けたら、
こんなに強いものはない。
そのとき、それを妨げるもののことは、頭から消えている。
ただ、自分の思うことに、没頭すればいいんだ。
自分の視界に認める要素だけ、考えればいい。

うん、それは、ただ、自分に言いたいことだ。
[PR]
by hyuri07 | 2013-04-17 00:39 | そのほか。

そのぶたはピンク色。

好きで仕事をすることの何が悪いの?
情熱を持って仕事をすることの何が悪いの?
[PR]
by hyuri07 | 2013-04-06 18:12