<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

くしるし。

東京にはいろんなものがある。
たとえば朝活と言ってももきっといろいろなところで開かれてているのだろう。
いろいろなイベントが行われているのだろう。
だけどその情報はなかなか入ってこない。
神保町であり、お茶の水であり、神田であり、日本橋であり、丸の内であり、渋谷であり。場所の定めのないweb系があり。そんなたくさんの情報を把握しきれない。面白そうだけど、他の予定を入れないようにして予約して行くというほどでもない。誰かと会える予定なら優先したくなってしまう。
そして平日は遅くまで仕事だし土日はあちこち出かけているので意外と時間がなく、事前に決めるのが難しい。仕事を優先しないわけにいかない。バンドで無理を言いたいと思っているのだから、これ以上わがままは言いたくない。
[PR]
by hyuri07 | 2014-08-27 08:44

すたたん。

普段、観光の新聞記事やネットのニュース記事を見ていて、たまに本屋に行って旅雑誌を見ると、その違いに驚く。
なんだか、見ているものが全然違うのだ。
もちろん、たとえばDiscover Japanの特集の号には、地元の観光協会の方のコメントが載っていたり、その連絡先が載っていたりする。つながりが全くないわけではない。
でも、雑誌に載っているのは、美しい景色だったり、ゆっくりできそうな景色だったり、かわいいものだったり。
それは新聞に出てくるスタンプラリーとか割引きとか、体験ツアーとかとはなんだか違うのだ。

本当に観光振興を考えて、マスターゲットを掴みたいのなら、そういう雑誌に載るような美しい景色やゆっくりできる体験を、そういう風に見せることのできるものを探して、そう見せなくてはならない。またそれは、ホテルやお店抜きにはできない。
[PR]
by hyuri07 | 2014-08-25 19:43

箭内道彦「僕たちはこれから何をつくっていくのだろう」。

私も箭内さんのようになりたい。
というか、似てるところもあるから苦しかったのかもしれない。
自分の好きなものを広告するということ。
私も、自分のいいと思うものについて書きたい。できるだけ現地を見たい。
頭だけで、計算して、書くのは嫌だ。
それも必要なのだと思うけど、それだけじゃだめだ。
岐阜では好きな岐阜の宣伝だから辛くなかったのかも。
一人で何役もやりたいというのも、わかる。
でも箭内さんも13年間博報堂にいたように、そこでいろいろな先輩方と仕事をしていたように。そういう時期も必要なのかもしれない。どこまでなのかわからないけれど。

でも、もっと多くの人と出会いたい。それに時間を使おう。夜とか。
きらきらしたい。どうしたらきらきらできるかな。
[PR]
by hyuri07 | 2014-08-25 08:40