<   2015年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

しし。

本音を話すって、気持ちいいようで、後悔がでかい。
[PR]
by hyuri07 | 2015-07-30 02:16

「東京ファットキャンプ」スペシャルコンサート Vol.2。

これがただなんて、東京はなんて怖いところなのだ。

ごーどんぐっどうぃん様はかっこよかった、素敵だった、足が細かった。サックスも聞けて嬉しかった。吹いて、弾いて、指揮して、吹きながら弾いていた。
えりっくまりえんさる様も素敵だった。親しみやすい人のよさそうな笑顔。ソロの動画を見たときは感じなかったけれど、びっぐふぁっとばんどでは、とてもentertainな、お客さんを盛り上げるソロを、盛り上げるフレーズを吹いていた。手くせというものがあるとするなら、それがすべてお客さんを楽しい気分にさせる方に向いているのだ。私にとって、この人のこういうフレーズこそがびっぐふぁっとばんどのイメージになっていることに気付く。ソロバトルを聞いていて思ったのは、ごーどん様のサックスソロのほうがもう少し複雑に技巧的に盛り上げていて、えりっく様のほうはもっとわかりやすく、スケールアウトをしている部分もあるのだけれどどこがアウトしているのかがわかりやすい気がする。うぉーたーめろんまんのソロ、そんなふうに吹けばいいのか!と拓けた気がした。
うぇいんばーじろん様もすごかった。上の方の音もとてもきれいで、それでいてソロを聞いているとふと泣きそうになるほど心を揺さぶってくる。ハイノート頼りのソロではなくて、むしろそれは最後まであまり使わなくて、そこにいたるまでの音もフレーズも本当に魅力的だった。
だんさゔぁんと様は美しい音だった。何だったかな、うぇいん様がテーマをソロで吹いた曲があって、前奏や合いの手をだん様が吹いたのですが、二人の音がシビアに比較されてしまう場面で、ああ、美しい…甘い…というのがより伝わってきたのです。
あんでぃまーてぃん様の落ち着いたたたずまい、たまにホーンにキューを出したりする姿にバンドの幹なのだと感じた。ソロも音符が細かくて早いのだけれど音はちょっとハスキーで、ジャズらしいかっこよさってきっとこんな感じなのだろうと思わされた。
けゔぃんあくすと様のソロはもうめちゃくちゃかっこよくて、こんなにかっこいいベースソロは聞いたことがない、と思った。
[PR]
by hyuri07 | 2015-07-27 07:52

けしお。

一人でいて心地よい、という状態が苦手なのかもしれない。
こんなところでこんなことをしていていいのか自分、と思ってしまう。
それだけ普段頑張っていないのだろうと思う。
人といて楽しいとか心地よいというのは、奇跡だと思うからかなりの力をあげてそれを優先してしまうけれど。
[PR]
by hyuri07 | 2015-07-24 08:27