<   2016年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

いつぶ。

久しぶりにSAKEROCK「ホニャララ」。明らかに、星野源さんのうたの世界に通じている。SAKEROCKにひかれたのは、言葉のないこのメロディーのあちこちに、うたと同じように厳然と、でもとても近い場所に、生と死がたたずんでいるからなのだろう。
[PR]
by hyuri07 | 2016-03-31 22:46 | 音楽

すべては。

「カフェとカバン」に行く。
素敵なカフェは自然の中へ行く理由になる。

席に座った瞬間、心がほどけた気がした。
そんな気分になったのは久しぶりだ。
窓の外に畑が見える。前の道は車がぴゅいぴゅいと走る。

店員さんと、私の他にもう一組のお客さん。
静かな空間にジャズが存在感をある程度出しながら流れている。

こんな空間を求めていたのかも。
静かで、でも自分もいていいのだと思えて、自然が見えて。

ずーっと、ぼーっとして、
帰りの車、長良川沿いを走っていると、金華山が夕陽に照らされて、向こうの山際はオレンジに染まっていた。
ああ、私はこういうものに囲まれていたんだ、と思った。
岐阜にいたら当たり前のようにそこにあるもの、視界にあるもの。でも都会にいたら、探しても見えない。それに、どれだけ心癒されていたのか、包まれていたのか、気付いて涙が流れた。
ずっと岐阜にいたら、それがどれだけ大きいものか、気付いていないだろうなあ。手を伸ばせばある自然。たとえまちなかや住宅地に住んでいても、目を転じれば、ちょっと出かければ、見える自然。住んでいたら苦労もあるだろう、とも思うけれど、私は岐阜の住宅地に住んでいて不便を感じることってあまり記憶にないんだよなあ。たまに仕事や遊びで遅くなっても自転車やタクシーで帰ってこられるし、マーサがあるから今住んでいるところよりある意味便利なくらいだ。

[PR]
by hyuri07 | 2016-03-21 21:34