きりん事件。

久しぶりに新しい雑誌を買った。おもしろくて夢中で読んだ。
最近は少し前に買った雑誌を繰り返し読んでいた。分厚い雑誌だから、繰り返しとはいえそれまでに読んでいなかった部分もたくさん見つかる。また、一度読んだくらいでは話の内容が頭に入っていないので、繰り返し読めば把握できるという価値がある。
それでも、新しい情報に触れて、「いま」をつかんでおくことは重要なことなのではないかと思った。
いまという時代、これから先の時代を読むことが重要な仕事があるということに気付いた。自分の今の仕事では、時代を知っておくことがそれほど重要視されるわけではないが、それでも知っておいたほうがいいことはある。
「いま」という時代を知るためのものという点では、雑誌もニュースも同じ仲間なのだろう。
[PR]
by hyuri07 | 2008-12-11 01:38 | そのほか。


<< 友達論35。 友達論34。 >>