あく。

オリンピック2回目で、今年一番のジャンプをした高梨選手。その力とメンタルの持っていき方。

風もあまりよくなく、すごく悔しかった伊藤選手が、高梨選手に一番に駆け寄ったこと。

「チームのみんなが待っていてくれたのがすごくうれしくて」。トップ選手であることと、チームの一員であることは必ずしも一致しない。その価値を知っている高梨選手、いい人やなあと思う。そして高梨選手に気を遣わせない伊藤選手、すごい人やと思う。


[PR]
by hyuri07 | 2018-02-13 08:36


<< このまま今の会社にいていいのか... aiko「予告」。 >>