人気ブログランキング |

塀と兵とヘイ。

○居酒屋(夜)
 若者のグループで賑わっている。郡小苗(25)が二人用のテーブルに座っている。おしゃれなグラスに入った焼酎水割りを置き、旅行のガイドブックを広げ、ノートに何か書いている。手を止め、顔を上げる。隣の二人掛けの席に桐山哲也(24)がちらりと視界に入り、はっと顔を伏せる。横目で哲也を見上げる。哲也はグラスで焼酎水割りを飲みながら、文庫本を読んでいる。早苗、立ち上がり、哲也が読んでいる本をこっそりのぞく。
早苗「あっ」
哲也、驚いた表情で早苗を見る。
早苗「いえ、なんでも」
早苗、店の奥に走り去る。
トイレのドアから出る早苗。遠くに哲也を見る。
by hyuri07 | 2008-02-29 00:18 | 文学


<< 友達論26。 あらたしい、つづき。 >>