フィクション好みその他。

生きていられることに感謝している。
生んでくれた親にも、育ててくれた家族や周りの人にも、感謝している。
でも、私はその恩を受けるに値する存在なのか?

今まで、死ぬほどの事故にもあっていないし、死ぬほどの病気にもかかっていない。
ニュースでは、日々いろいろな人が突然に死んでいく。
なぜその人たちが死んで、私が生きているのか、わからない。

私を死ぬほどの事故にあわせないのなら、死ぬほどの病気にさせないのなら、
とりあえず、生きていてもいっか。

自分が生き続けるに値する存在なのか、自信がない。

死にたくなるのは逃げたいからだ
目の前の嫌なことをすることより死ぬことを選びたくなる

命を軽く見ているわけじゃない
ただ命ははかないと思う

縦向きの薄氷の上の命と命のキス
[PR]
by hyuri07 | 2008-10-07 22:48 | そのほか。


<< ふさがる。 いきかた。 >>