2007年 08月 20日 ( 1 )

友達論9。

友達のことは信じているつもりだけれど、
自分のことが信じられない。

自分がどれだけ情けなくて小さい奴かということを、ときどき見せつけられる。
何かが通いあった気がしても、
その情けなさや小ささを思い出すと、
やっぱり一方的な思いなんじゃないかとおそろしく不安になる。

そんなことをもう何年もずっと思っている。
私はこの何年かで、何ができるようになったというのだろう。
うまく言えない分書いて見せてわかってもらうというのも、高校生のころから変わっていない。
落ち込んだとき自分で立ち直ることができなくて人に悩みを垂れ流してしまうのも一緒だ。

ただせめて、いつも相手のことを好きでいよう。
何ができるか考えよう。
目の前のすべきことをちゃんとしよう。

解決策が見つからないなら、
間違ってはいないだろうことを積み重ねてみよう。

そらをみあげる。
[PR]
by hyuri07 | 2007-08-20 20:47 | 友達論